2005年8月11日(木)

★Bブロックは3人に絞られた!(8・10 静岡大会)

一方、Bブロックは10日終了時点で早くも5人がV戦進出レースから脱落する展開となった。後藤達俊と対戦した棚橋弘至はスリングブレイド2連発から片エビ固め(9分9秒)で白星を奪い、勝ち点を5に伸ばすも、藤田和之が吉江豊を逆十字固め(8分45秒)に仕留め、無傷の5連勝(勝ち点10)、中邑真輔が矢野通と両者リングアウト(5分15秒)で勝ち点9(4勝1引き分け)となったため、決勝トーナメント進出の望みを絶たれた。吉江(勝ち点4)、矢野、後藤(いずれも勝ち点2)、真壁(勝ち点0=負傷リタイア)も脱落、Bブロックは藤田、中邑、中西の3人が決勝トーナメントの2枠を争う。なお、中邑は矢野戦でトルニージョ(横回転式プランチャ)を放った際に脳しんとうを起こして担架で退場しており、今後に不安を残す結果となった。

戻る